仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール

クララ・ジュミ・カン Clara Jumi KANG(ドイツ/韓国)

第4回 仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門 優勝

ドイツ・マンハイム出身の韓国系ドイツ人。父はバイロイト音楽祭の常連として有名なオペラ歌手のフィリップ・カン。2009年ハノーファー国際ヴァイオリンコンクール第2位、いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞、2010年仙台国際音楽コンクール、インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール優勝など、数多くの受賞歴を持つ。これまでザハール・ブロン、ドロシー・ディレイ、クリストフ・ポッペンに師事。指揮者バレンボイムからは、「彼女は間違いなく、後世にその名を残す演奏家となるだろう。」と絶賛された。2012年5月、ニューヨーク・カーネギーホールでのソロ・リサイタル・デビューを果たす。2013年5月、チョン・ミョンフン指揮ソウル・フィルハーモニックとの韓国ツアーでベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏し、大成功を収めている。

2011年、DECCAレーベルよりイザイ、クライスラーなど、無伴奏ヴァイオリンのための作品を収録したCD「モダン・ソロ」をリリースし、好評を博している。

これまでにヴァレリエ・グラドフ、ザハール・ブロン、ドロシー・ディレイ、クリストフ・ポッペン、ナムユン・キムに師事する。ミュンヘン在住。