仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール


©Jurii Metschetov

エリソ・ヴィルサラーゼ Elisso VIRSALADZE(ロシア)

ピアノ部門 審査副委員長

トビリシ(グルジア)の芸術一家に育ち、祖母、アナスタシア・ヴィルサラーゼ教授からピアノの手ほどきを受ける。音楽院卒業後モスクワへ移り、20歳でチャイコフスキーコンクール3位を獲得。モスクワではゲンリフ・ネイガウスとヤコフ・ザークに師事。

モスクワ音楽院とミュンヘン音楽大学で正教授となり、サンタンデル、ゲーザ・アンダ、ルービンシュタイン、チャイコフスキー、リヒテルなど著名な国際コンクールから審査委員として招かれている。

18世紀と19世紀の作曲家、特にモーツァルト、ベートーヴェン、ショパンやシューマンの作品に心酔。24歳の時、シューマンコンクールで優勝、海外のマスコミにより現代における偉大なシューマン奏者の一人と称賛された。同時に、ロシアの近代の作曲家までを含む幅広いレパートリーを持つことでも良く知られている。ソ連から、ソ連人民芸術家の称号を授与された。

ロンドン、ミラノ、パリ、リスボン、ベルリン、バルセロナで定期的に公演を行っている。ペテルスブルグ・フィル、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと、北米、日本及びヨーロッパ各地でツアーを行った。更にフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、日本、米国その他の国々の著名オーケストラと定期的に公演を行い、ルドルフ・バルシャイ、キリル・コンドラシン、リッカルド・ムーティ、クルト・ザンデルリング、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、エフゲーニ・スヴェトラーノフ、ユーリ・テミルカーノフ等の著名な指揮者と共演。また、ナターリヤ・グートマンとのデュオコンサートではスペイン、ベルギー、イタリア、英国及びドイツで公演。

音楽的個性をあまねく収めたCDも多数リリースされている。