仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール


エヴァ・ポブウォツカ Ewa POBŁOCKA(ポーランド)

ピアノ部門 審査委員

現代の最も偉大なピアニストの一人であり、ヨーロッパ各地、南北アメリカ、中国、インドネシア、ベトナム、南アフリカ、シンガポール、韓国、日本、オーストラリアの主要コンサートホールにおいて公演を行っている。

幅広いレパートリーを誇る多才なピアニストで、リサイタル、オーケストラや室内楽との共演はもとより、著名な声楽家とも共演。ポーランドの現代作曲家、アンジェイ・パヌフニク、ヴィトルト・ルトスワフスキ、そして作品を彼女へ献呈したパヴェウ・シマヌスキ及びパヴェウ・ミキェティンなど、初演や世界初演録音も多数。

ヨーロッパ各国のラジオ放送局でのレコーディングも行っており、ドイツ・グラモフォン、ポニーキャニオン、ビクターJVC、コニファー、ベアルトン等のレーベルにて約50の録音を行い、その多くが受賞、評論家からも絶賛されている。中でも、2つのフレデリック賞(いずれも1998年)、スタジオマガジンによる2つのレコード・オブ・ザ・イヤー(1996年、1998年)、そしてジョン・フィールドのノクターン全集の演奏によりジョン・フィールド・メダルを受賞している。

優れた音楽教育家としても活躍。ビドゴシチ国立音楽アカデミー、及びワルシャワのフレデリック・ショパン音楽大学で教鞭を執る他、東京藝術大学、名古屋芸術大学の客員教授でもある。また、世界各地でマスタークラスを行い、ワルシャワのショパン国際ピアノコンクール、浜松国際ピアノコンクールなど、多くの国際ピアノコンクールの審査委員も務めている。

2004年、ポーランド文化・国家遺産省年間賞を受賞し、ポーランド復興勲章を大統領から授与された。