仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール


©Tetsuro Takai

竹澤 恭子 TAKEZAWA Kyoko(日本)

ヴァイオリン部門 審査委員

才能教育研究会にてヴァイオリンを学び、桐朋女子高校音楽科在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、併せてレウカディア賞、黒柳賞を受賞。1986年第2回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで圧倒的な優勝を飾る。以来、“世界のKYOKO TAKEZAWA”として国際的スターダムを昇り続けている。

これまで、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロンドン響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管など世界の主要オーケストラと共演。アスペン、ルツェルンといった世界的な音楽祭にも参加するなど、幅広い活躍を続けている。

CDもRCAレッド・シールより多数リリース。常に活躍の場を広げ、2009年にはデビュー20周年記念リサイタルシリーズの締めくくりとしてブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を各地で開催。

2010年1月にはシカゴ交響楽団の定期演奏会でアルバン・ベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏し絶賛を博し、ミルウォーキー交響楽団定期演奏会、バンクーバー交響楽団定期演奏会にも登場。2011年にはフィルハーモニア管弦楽団のスペインツアーで、2012年にはヘンゲルブロック指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の日本公演でソリストを務めた。

2010年メニューイン国際コンクール等、国際コンクールの審査員も数多く務める。1993年第3回出光賞受賞。

使用楽器は、NPO法人イエロー・エンジェルより、アントニオ・ストラディヴァリウス‘ヴィオッティ’(Viotti/1704年製)を貸与されている。

公式ホームページ http://www.kyokotakezawa.com/