HOME > アーカイヴ >  第1回仙台国際音楽コンクール

概要

第1回仙台国際音楽コンクール The 1st Sendai International Music Competition <略称: SIMC>

ヴァイオリン部門 2001年5月12日(土)~5月26日(土)
ピアノ部門 2001年5月26日(土)~6月9日(土)
会場 仙台市青年文化センター
主催 仙台国際音楽コンクール組織委員会、仙台市、財団法人仙台市市民文化事業団
出場資格 1975年1月1日以降に出生した者(国籍不問)
申込締切 2000年9月30日(土)必着(締切日を過ぎて到着した申込書は受け付けない。)
参加料 10,000円
審査構成 コンクールは予選、セミファイナル及びファイナルの各審査段階で構成する。コンクールは一般に公開される。コンクールの出場者を決定するために、書類・テープ等による予備審査及びオーディションを行う。
第1位 賞金300万円 金メダル ディプロマ
CD制作/仙台フィルハーモニー管弦楽団又は日本の代表的なオーケストラとの共演/リサイタル出演
第2位 賞金200万円 銀メダル ディプロマ
第3位 賞金100万円 銅メダル ディプロマ
第4位 賞金 80万円 ディプロマ
第5位 賞金 70万円 ディプロマ
第6位 賞金 60万円 ディプロマ
運営委員長 外山 雄三(仙台フィルハーモニー管弦楽団音楽監督)
審査委員長 宗 倫匡(ヴァイオリン部門)/ 野島 稔(ピアノ部門)
オーケストラ 仙台フィルハーモニー管弦楽団
指揮:梅田俊明

第1回 ヴァイオリン部門 2001年5月12日(土)~5月26日(土)

入賞者&賞

第 1 位

賞金250万円 金メダル ディプロマ

ホァン・モンラ (中国) ホァン・モンラ (中国)
  • セミファイナル演奏曲 : プロコフィエフ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
  • ファイナル演奏曲 : シベリウス / ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47

第 1 位

賞金250万円 金メダル ディプロマ

スヴェトリン・ルセフ(ブルガリア/フランス) スヴェトリン・ルセフ (ブルガリア/フランス)
  • セミファイナル演奏曲 : ショスタコーヴィチ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 op.99
  • ファイナル演奏曲 : チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

第 3 位

賞金100万円 銅メダル ディプロマ

梁 美沙(韓国) 
梁 美沙(韓国)
  • セミファイナル演奏曲 : プロコフィエフ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
  • ファイナル演奏曲 : ラロ / スペイン交響曲 ニ短調 op.21

第 4 位

賞金 80万円 ディプロマ

石橋 幸子(日本) 石橋 幸子(日本)
  • セミファイナル演奏曲 : プロコフィエフ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
  • ファイナル演奏曲 : サン=サーンス / ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61

第 5 位

賞金 70万円 ディプロマ

大宮 臨太郎(日本) 大宮 臨太郎(日本)
  • セミファイナル演奏曲 : プロコフィエフ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
  • ファイナル演奏曲 : ラロ / スペイン交響曲 ニ短調 op.21

第 6 位

賞金 60万円 ディプロマ

白井 圭(日本) 白井 圭(日本)
  • セミファイナル演奏曲 : ショスタコーヴィチ / ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 op.99
  • ファイナル演奏曲 : チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

審査委員特別賞

- ファイナリストのうち20歳未満の最優秀演奏者に授与
賞金 50万円 ディプロマ

梁 美沙(韓国)

バッハ賞

- 予選課題曲(バッハ/ヴァイオリン協奏曲イ短調)の最優秀演奏者に授与
賞金 5万円 ディプロマ

スヴェトリン・ルセフ(ブルガリア/フランス)

奨励賞

- 特にすばらしい演奏を行った最年少セミファイナリストに授与
賞金 5万円 ディプロマ

武藤 順子(日本)

駐日フランス大使賞

駐日フランス大使官邸での特別コンサート出演

ホァン・モンラ(中国)
スヴェトリン・ルセフ(ブルガリア/フランス)

アリアンス・フランセーズ仙台、コジェマ・ジャパン賞

- フランス作品の最優秀演奏者に授与
賞金25万円

梁 美沙(韓国)

聴衆賞

– セミファイナル開催日ごとに聴衆の投票により決定
賞金5万円 ディプロマ

5月19日 大宮 臨太郎(日本)
5月20日 スヴェトリン・ルセフ(ブルガリア/フランス)
5月21日 ホァン・モンラ(中国)

第1回審査委員

ヴァイオリン部門

審査委員長 宗 倫匡 日本
副委員長 ウェルナー・ヒンク オーストリア
岡山 潔 日本
委員 曹鵬(ツァオ・ポン) 中国
藤川 真弓 日本
ドン=スク・カン アメリカ
ジャン・ジャック・カントロフ フランス
ルイス・カプラン アメリカ
ヴァレリー・クリモフ ロシア
ライナー・モーク ドイツ
ジョルジュ・パウク イギリス

課題曲

1. 予備審査

任意の独奏曲をカセットテープ、MD(ミニ・ディスク)、またはDAT(デジタル・オーディオ・テープ)に15分以上録音する。

2. オーディション

任意の協奏曲の第1楽章をピアノ伴奏で演奏する。演奏時間は、カデンツァも含め15分程度とする。
セミファイナル、ファイナルで選択した曲を演奏してもよいが、予選で演奏する協奏曲は選択できない。

3. 予選

次の(1)(2)の両方を演奏する。

(1)弦楽四重奏との共演(指揮者なし)とする。

J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲 イ短調 BWV1041 全楽章

(2) 以下の中から2曲選択する。

パガニーニ カプリース op.1より
第1番 ホ長調、第5番 イ短調、第8番 変ホ長調
第10番 ト短調、第12番 変イ長調
第15番 ホ短調、第17番 変ホ長調
第18番 ハ長調、第19番 変ホ長調
第21番 イ長調

4. セミファイナル

次の曲目から1曲を選択し、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する。

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 op.63
ストラヴィンスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ調
ベルク ヴァイオリン協奏曲
バルトーク ヴァイオリン協奏曲 第2番 Sz112
ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 op.99(1955年改訂版)

5. ファイナル

次の曲目から2曲を選択すること。その中から、セミファイナル終了後に運営委員長が指定した1曲を、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する。

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 ト長調 K216(ベーレンライター版)
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 K218(ベーレンライター版)
ヴァイオリン協奏曲 イ長調 K219 「トルコ風」(ベーレンライター版)
ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 二長調 op.61
パガニーニ ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.6
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ロ短調 op.7
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ヴィエニャフスキ ヴァイオリン協奏曲 第1番 嬰へ短調 op.14
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ短調 op.22
シューマン ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
ヴュータン ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ短調 op.31
ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ短調 op.37
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 op.26
ラロ スペイン交響曲 ニ短調 op.21
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61
ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.53
グラズノフ ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.82
シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47

第1回 ピアノ部門 2001年5月26日(土)~6月9日(土)

入賞者&賞

第 1 位

賞金300万円 金メダル ディプロマ

ジュゼッペ・アンダローロ(イタリア) ジュゼッペ・アンダローロ (イタリア)
  • セミファイナル演奏曲 :ラヴェル / ピアノ協奏曲 ト調
  • ファイナル演奏曲 : リスト / ピアノ協奏曲 第2番 イ長調 S125

第 2 位

賞金200万円 銀メダル ディプロマ

イ・ヂンサン(韓国) イ・ヂンサン(韓国)
  • セミファイナル演奏曲 :ラヴェル / ピアノ協奏曲 ト調
  • ファイナル演奏曲 : ラフマニノフ / ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18

第 3 位

賞金100万円 銅メダル ディプロマ

ワン・ユーチィア(中国) ワン・ユジャ(中国)
  • セミファイナル演奏曲 :ラヴェル / ピアノ協奏曲 ト調
  • ファイナル演奏曲 : メンデルスゾーン / ピアノ協奏曲 第1番 ト短調 op.25

第 4 位

賞金 80万円 ディプロマ

ダリア・ラボトキナ(ロシア) ダリア・ラボトキナ(ロシア)
  • セミファイナル演奏曲 :プロコフィエフ / ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 op.26
  • ファイナル演奏曲 : チャイコフスキー / ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23

第 5 位

賞金 65万円 ディプロマ

ロベルト・プラノ(イタリア) ロベルト・プラノ(イタリア)
  • セミファイナル演奏曲 :ラヴェル / ピアノ協奏曲 ト調
  • ファイナル演奏曲 : ラフマニノフ / ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18

第 5 位

賞金 65万円 ディプロマ

アミル・テベニヒン(カザフスタン) アミル・テベニヒン(カザフスタン)
  • セミファイナル演奏曲 :プロコフィエフ / ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 op.26
  • ファイナル演奏曲 : ラフマニノフ / ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 op.30

審査委員特別賞

- ファイナリストのうち20歳未満の最優秀演奏者に授与
賞金 50万円 ディプロマ

ワン・ユジャ(中国)

アリアンス・フランセーズ仙台賞

フランス主要都市における演奏会への出演

ジュゼッペ・アンダローロ(イタリア)

アリアンス・フランセーズ仙台、コジェマ・ジャパン賞

- フランス作品の最優秀演奏者に授与
賞金25万円

ジュゼッペ・アンダローロ(イタリア)

聴衆賞

- セミファイナル開催日ごとに聴衆による投票を行い、最も得票数が多かった演奏者に授与
賞金 5万円 ディプロマ

6月2日 アミル・テベニヒン(カザフスタン)
6月3日 イ・ヂンサン(韓国)
6月4日 ロベルト・プラノ(イタリア)

第1回審査委員

ピアノ部門

審査委員長 野島 稔 日本
副委員長 マーティン・キャーニン アメリカ
ミハイル・ヴォスクレセンスキー ロシア
委員 ヴィレム・ブロンズ オランダ
クラウス・ヘルヴィッヒ ドイツ
小山 実稚恵 日本
練木 繁夫 日本
フェレンツ・ラドシュ ハンガリー
クロード・サミュエル フランス
申 秀貞(シン・スジョン) 韓国
楊 峻(ヤン・チュン) 中国

課題曲

1. 予備審査

任意の独奏曲をカセットテープ、MD(ミニ・ディスク)、またはDAT(デジタル・オーディオ・テープ)に15分以上録音する。

2. オーディション

任意の協奏曲の第1楽章をピアノ伴奏で演奏する。演奏時間は、カデンツァも含め15分程度とする。
セミファイナル、ファイナルで選択した曲を演奏してもよいが、予選で演奏する協奏曲は選択できない。

3. 予選

次の(1)(2)の両方を演奏する。

(1) 弦楽四重奏との共演(指揮者なし)とし、モーツァルトの自作の2つのカデンツァの中から1つを選択すること。

モーツァルト ピアノ協奏曲 イ長調 K414(ベーレンライター版)第1楽章(カデンツァを含む)

(2) ABそれぞれから1曲以上を選択し、合わせて15分~20分で演奏する。

A
ショパン 12の練習曲 op.10(第3番、第6番は除く)
12の練習曲 op.25(第7番は除く)
B
リスト 超絶技巧練習曲集 S.139(第3番、第11番は除く)
パガニーニによる大練習曲 S.141
スクリャービン 12の練習曲 op.8(第8番、第11番は除く)
8つの練習曲 op.42(第4番は除く)
ドビュッシー 12の練習曲
ラフマニノフ 練習曲集「音の絵」 op.39(第2曲、第7曲は除く)

4. セミファイナル

次の曲目から1曲を選択し、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する。

プロコフィエフ ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 op.16
ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 op.26
ラヴェル ピアノ協奏曲 ト調
バルトーク ピアノ協奏曲 第3番 Sz119
バーバー ピアノ協奏曲 op.38

5. ファイナル

次の曲目から2曲を選択する。その中から、セミファイナル終了後に運営委員長が指定した1曲を、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 op.37
ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 op.58
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 op.73 「皇帝」
ショパン ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11
ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 op.21
メンデルスゾーン ピアノ協奏曲 第1番 ト短調 op.25
リスト ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調 S124
ピアノ協奏曲 第2番 イ長調 S125
シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
ブラームス ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 op.15
ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 op.83
グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
サン=サーンス ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 op.22
ピアノ協奏曲 第4番 ハ短調 op.44
ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調 op.103 「エジプト風」
チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23
R.シュトラウス ブルレスケ ニ短調 AV.85
スクリャービン ピアノ協奏曲 嬰へ短調 op.20
ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18
ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 op.30
パガニーニの主題による狂詩曲 op.43
TOPへ