仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール


植田 克己 UEDA Katsumi(日本)

ピアノ部門 審査副委員長

1949年札幌に生まれる。1975年東京藝術大学大学院音楽研究科修了。伊達純、松浦豊明に師事。1969年第38回日本音楽コンクール入選。1971年安宅賞、1973年クロイツァー賞受賞。

1975年から1979年までドイツのデトモルト音楽大学とベルリン芸術大学に留学、クラウス・シルデに師事。1977年第17回ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位大賞受賞。1978年イタリアのポジターノにおけるヴィルヘルム・ケンプによるベートーヴェンの講座を受講。

日本、ヨーロッパ各地、中国などで演奏活動を展開。リサイタルを始め、NHK交響楽団、東京都交響楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ベルリン交響楽団、ドイツ・バッハゾリステンなど内外のオーケストラとの共演、一流演奏家との室内楽などで活躍中。

1986年から2005年まで「植田克己ベートーヴェン・シリーズ」全27回を開催。ピアノソナタ、変奏曲、室内楽曲、歌曲を網羅して演奏し、大きな話題となった。2007年より「植田克己作曲家シリーズ」を開始。

ケルン国際音楽コンクール、浜松国際ピアノコンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクール、日本音楽コンクールなど、国内外のコンクールの審査委員を務める。また、石川県金沢市、ドイツのライプツィヒでのマスタークラスなどで指導に当たっている。

現在、東京藝術大学音楽学部教授。