Sendai International Music Competition

岡田 博美 | 仙台国際音楽コンクール公式サイト

プロフィール


🄫K.Miura

岡田 博美(日本) OKADA Hiromi

ピアノ部門 審査委員

富山県出身。安藤仁一郎、森安芳樹、マリア・クルチオの各氏に師事。
桐朋学園大学在学中に第48回日本音楽コンクールで第1位。同大学を首席で卒業後、1982年第28回マリア・カナルス国際コンクールで第1位、1983年第2回日本国際音楽コンクールピアノ部門第1位、1984年第2回プレトリア国際コンクール第1位を獲得するなど、数々のコンクールで優勝を果たす。1985年ロンドンでデビュー・リサイタルでは「まさしく来るべきスター」(D.テレグラフ紙)、「図抜けて確かなテクニックで、創造力に富む情熱的な音楽性」(タイムズ紙)と絶賛され、以降ロンドンを中心にヨーロッパ各地での演奏活動の傍ら、日本でも毎年意欲的なプログラムによるリサイタルを開催。1993年のショパン・エチュード全曲演奏に日本ショパン協会賞を受賞。これまでにNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団他の国内主要オーケストラだけでなく、フィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団、R. フィルハーモニック管弦楽団、イギリス室内管弦楽団などの海外のオーケストラとも共演。2011年5月にイギリスにてフィルハーモニア管とベートーヴェンの『皇帝』、11月に日本フィルとショパン『ピアノ協奏曲 第1番』で共演し好評を博す。2012年には、1月と9月に東京都響とリゲティ『ピアノ協奏曲』とベリオ『協奏曲 第2番「エコーイング・カーヴ」』(日本初演)を共演し、その幅広いレパートリーを高く評価される。またウィーンフィルのメンバーやヴァイオリンの天満敦子、川畠成道らとも共演。さらにラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティヴァル(フランス)、イスタンブール国際ピアノフェスティヴァル、シュタインバッハ音楽祭(オーストリア)、東京の夏音楽祭、草津音楽祭などにたびたび出演。カメラータ・トウキョウからはソロ、室内楽の分野で多数のCDが発売され高い評価を得ている。

2015年4月より、桐朋学園大学院大学教授を務め、後進の指導にも注力している。

前のページへ戻る

第8回仙台国際音楽コンクール