Sendai International Music Competition

 » ボリス・ベルキン

プロフィール

ボリス・ベルキン

©P.Cinotti/Siena

ボリス・ベルキン(ベルギー) Boris BELKIN

ヴァイオリン部門 審査副委員長

6歳よりヴァイオリンを始め、7歳でキリル・コンドラシンとの共演でデビューを果たした。その後モスクワ音楽院中央音楽学校に入学し、フェリックス・アンドリエフスキー氏に師事。1973年、ソヴィエト連邦ヴァイオリンコンクールで優勝。

 

1974年、西欧に移住した後、世界的な演奏活動を展開。ベルリン・フィルをはじめ、ボストン響、イスラエル・フィル、ロスアンジェルス・フィル、フィラデルフィア管、バイエルン放送響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バーンスタイン、ハイティンク、デュトワ、マゼール、ムーティ、小澤征爾、ラトルなど、多くのオーケストラ、指揮者と共演している。

 

録音も多く、評論家から絶賛されているパガニーニ「ヴァイオリン協奏曲第1番」(メータ指揮/イスラエル・フィル)をはじめ、チャイコフスキーとシベリウスの協奏曲をアシュケナージ指揮/フィルハーモニア管と、ブラームスの協奏曲をイヴァン・フィッシャー指揮/ロンドン響と、プロコフィエフの協奏曲をマイケル・スターン指揮/チューリヒ・トーンハレ管と、また、ブルッフ、シベリウス、ショスタコーヴィチ、グラズノフを広上淳一指揮/ロイヤル・フィルと録音している。

 

1997年には、アイザック・スターンの招きを受け、宮崎国際音楽祭で共演を果たした。またユーリ・バシュメット、ミッシャ・マイスキー等と室内楽にも熱意を持って取り組んでいる。

 

2019-20シーズンは、シエナ音楽祭への出演、コーガンやラザレフ指揮によるモスクワフィルとモスクワ国立響、テミルカーノフ指揮によるサンクトペテルブルク・フィル、広上淳一やアシュケナージ指揮によるマドリード響との共演がある。イタリアのシエナにあるキジアーナ音楽院でのマスタークラスは、1987年より毎年夏に行なっている。

 

使用楽器はボローニャのロベルト・レガッツィ作。

前のページへ戻る