第8回仙台国際音楽コンクール|The 8th Sendai International Music Competition

審査委員

ヴァイオリン部門

ボリス・ベルキン Boris BELKIN ベルギー

©P. Cinotti

ボリス・ベルキン(ベルギー) Boris BELKIN

ヴァイオリン部門 審査副委員長

6歳よりヴァイオリンを始め、7歳の時にキリル・コンドラシン指揮でデビューを果たす。モスクワ音楽院中央音楽学校でヤンケレヴィチ、アンドリエフスキー両氏に師事。1973年、ソヴィエト連邦ヴァイオリンコンクールで優勝。

 

1974年、西欧に移住。ベルリン・フィルをはじめ、ボストン響、クリーヴランド管、イスラエル・フィル、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、モントリオール響、バイエルン放送響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管など世界の主要オーケストラと共演を重ねている。

 

バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルとの共演などでテレビ番組に多数出演しているほか、シベリウスの伝記映画ではアシュケナージ指揮スウェーデン放送響とヴァイオリン協奏曲を演奏している。

 

録音も多く、初のレコーディング作品であるパガニーニ「ヴァイオリン協奏曲第1番」(メータ指揮/イスラエル・フィル)は、評論家から絶賛された。これまでに、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管との共演でチャイコフスキーとシベリウスの協奏曲、フィッシャー指揮ロンドン響でブラームスの協奏曲、広上淳一指揮ロイヤル・フィルでショスタコーヴィチの協奏曲第1番やグラズノフの協奏曲、ザルツブルク・チェンバー・ソロイスツとの共演ではモーツァルトのヴァイオリン協奏曲イ長調K219と協奏交響曲などをリリースしている。

 

アイザック・スターンの招きで1997年宮崎国際音楽祭に出演。また、ユーリ・バシュメットやミッシャ・マイスキーらと室内楽にも取り組んでいる。
イタリアのキジアーナ音楽院で1986年より30年以上にわたりマスタークラスを開講。2020年からはイモラ音楽院の教授を務めている。

 

使用楽器はボローニャのロベルト・レガッツィ作。

前のページへ戻る