Sendai International Music Competition

ダン・タイ・ソン | 仙台国際音楽コンクール公式サイト

プロフィール


©佐藤寛敏

ダン・タイ・ソン(ヴェトナム) DANG Thai Son

ピアノ部門審査委員

「真の音楽家」―アイザック・スターン

1980年10月ワルシャワで開催された第10回ショパン国際ピアノコンクールで第1位と金メダルを獲得。アジア出身のピアニストでは初めての優勝を果たす。

ハノイで母親からピアノの手ほどきを受けた後、モスクワ音楽院でウラディーミル・ナタンソンとドミートリ・バシキーロフに師事。

ショパンコンクール優勝後は、40を超える国々で演奏活動を行う国際的ピアニストとして活躍。これまでに、サー・ネヴィル・マリナー、ピンカス・ズーカーマン、マリス・ヤンソンス、パーヴォ・ヤルヴィ、ウラディーミル・アシュケナージら著名な指揮者のもと、フィルハーモニア管弦楽団、パリ管弦楽団、シュターツカペレ・ベルリン、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、モントリオール交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団など世界のトップ・オーケストラと共演を重ねている。

現在は、ニューイングランド音楽院とオバリン音楽院の教授を務めるほか、ショパン国際ピアノコンクールをはじめ、クリーヴランド、クララ・ハスキル、ルービンシュタイン、ブゾーニ、モントリオール、浜松などの権威ある国際コンクールの審査委員も務めている。

ドイツ・グラモフォン、メロディア、ビクターエンタテインメント、ポーランド国立ショパン研究所などからCDを多数リリースしており、2017年には、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団と録音したパデレフスキ作品集がフランスのレスムジカ誌において「今月の1枚」に選ばれた。

2018年9月、ポーランドの文化および国家遺産の貢献者に贈られる最高位の顕彰「文化功労勲章」金章を受章した。

公式ウェブサイト:www.dangthaison.net

前のページへ戻る