Sendai International Music Competition

 » 海老 彰子

プロフィール


海老 彰子(日本) EBI Akiko

ピアノ部門 審査副委員長

東京藝術大学1年在学中に第41回日本音楽コンクール優勝後、仏政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院留学、チッコリーニクラスで学ぶ。同音楽院のピアノ科・室内楽科を最優秀首席卒、同研究科卒。以降パリと東京を拠点に世界36ヶ国余りで精力的に演奏活動を続ける。

ロン・ティボー国際コンクールで第2位グランプリと4種の特別賞をA.ルービンシュタイン氏等から受ける他、ショパン国際コンクールで上位入賞。日本ゴールドディスク大賞2回、仏政府から文芸シュバリエ勲章、パリ名誉市民メダル、エクソン・モービル音楽賞本賞(日本)等受賞。世界各国音楽祭、TV・ラジオ、CD録音に活躍し、世界有数のオーケストラやソリストと数多く共演。マルタ・アルゲリッチとの2台ピアノ・デュオ演奏会は、世界各国で何度もTV放映された。世界各国でマスタークラスにも招聘されている。第8回・第9回浜松国際ピアノコンクール審査委員長。第17回・18回ショパン国際ピアノコンクールほかロン・ティボー等、多くの主要国際音楽コンクールの審査員を務める。

1838年製エラールで録音したショパンの練習曲・夜想曲・前奏曲と即興曲全集のCDをはじめ、フューメ作品集(世界初演)、ラヴェル、大江光ピアノ曲。室内楽にはウェーベルン、フランク、ピエルネの「ピアノ五重奏曲」、豊田弓乃氏とルクーやフォーレを録音した12枚のCDがある。

「アルド・チッコリーニ わが人生」(日本語訳)、ラヴェル全ピアノ独奏曲編集楽譜(全音楽譜出版社)。

日本ショパン協会常務理事。横浜市招待国際ピアノ演奏会実行委員長。
元日本大学藝術学部大学院教授。元東京藝術大学ピアノ科客員教授。

前のページへ戻る