第8回仙台国際音楽コンクール|The 8th Sendai International Music Competition

審査委員

ピアノ部門

エリソ・ヴィルサラーゼ Elisso VIRSALADZE

エリソ・ヴィルサラーゼ(ドイツ/ロシア) Elisso VIRSALADZE

ピアノ部門 審査委員

ジョージアの首都トビリシの芸術一家に生まれ育ち、祖母のアナスターシャ・ヴィルサラーゼ教授からピアノの手ほどきを受けた。その後モスクワに渡り、ゲンリフ・ネイガウスやヤコフ・ザークに師事。20歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞、24歳の時にシューマン国際コンクール優勝を果たす。

現在は、モスクワ音楽院およびミュンヘン音楽・演劇大学の常任教授を務めるかたわら、サンタンデル、ゲザ・アンダ、ルービンシュタイン、チャイコフスキーなどの主要な国際ピアノコンクールに審査委員として招かれている。

モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、シューマンなど18世紀後期および19世紀の作品に深い愛着を持ち、とりわけシューマンの作品については最も優れた演奏家のひとりとして高い評価を得ている。また、現代作品も含めたロシア音楽の幅広いレパートリーを持っており、旧ソ連の権威ある芸術賞を多数受賞している。

ロンドン、ミラノ、ローマ、パリ、リスボン、ベルリン、バルセロナで定期的に演奏活動を行っているほか、ヨーロッパの主要都市でナタリア・グートマンとのデュオ・リサイタルも行っている。また、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、日本、アメリカなどの世界の一流オーケストラとも定期的に共演しており、これまでに、ルドルフ・バルシャイ、キリル・コンドラシン、リッカルド・ムーティ、クルト・ザンデルリング、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、エフゲニー・スヴェトラーノフ、ユーリ・テミルカーノフら多くの著名な指揮者と共演を重ねている。

ライヴ・クラシックス・レーベルからは多くの録音をリリースしている。

前のページへ戻る