仙台国際音楽コンクール

Profile

プロフィール


ギドン・クレーメル Gidon KREMER (ラトビア)

ヴァイオリン部門 審査委員

ラトビアのリガ生まれ。4歳の頃から父と祖父よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。7歳でリガの音楽学校に入学。16歳でラトビア国内の音楽コンクールで優勝し、その後モスクワ音楽院でダヴィド・オイストラフに師事。1967年のエリーザベト王妃国際コンクールで入賞すると、1969年のパガニーニ国際コンクール、1970年のチャイコフスキー国際コンクールで相次いで優勝。ここから輝かしいキャリアが始まり、演奏会の回を重ねるにつれトップ・ヴァイオリニストとしての地位を不動のものにしていった。

これまでに多くのメジャー・オーケストラと共演。レナード・バーンスタイン、ヘルベルト・フォン・カラヤン、クリストフ・エッシェンバッハ、ニコラウス・アーノンクール、ロリン・マゼール、リッカルド・ムーティ、ズービン・メータ、ジェームズ・レバイン、ヴァレリー・ゲルギエフ、クラウディオ・アバド、サー・ネヴィル・マリナーなど屈指の指揮者との共演も多数。

バロックから現代作品までの広範なレパートリーを持つが、特にバルト三国、ロシア、東欧作品の発掘や演奏に熱意を傾けている。伝統を重んじながらも現代的な解釈を取り入れた演奏スタイルで、多くの聴衆に数々の知られざる名曲を紹介してきた。これまでに120枚を超えるアルバムを収録し、フランス・ディスク大賞、ドイツ・レコード大賞、日本レコード・アカデミー賞など多くの賞を受賞。

1981年にロッケンハウス音楽祭を創設し、1997年にバルト三国の若い音楽家の育成を目的としてクレメラータ・バルティカを設立。2016年には第28回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

ヴァイオリンは1641年製のニコラ・アマティを愛用。執筆活動もしており、彼自身の芸術哲学などをテーマにした4冊のドイツ語の著作がある。