第8回仙台国際音楽コンクール|The 8th Sendai International Music Competition

審査委員

ピアノ部門


ジュゼッペ・アンダローロ(イタリア) Giuseppe ANDALORO

ピアノ部門 審査委員
第1回 仙台国際音楽コンクール ピアノ部門 優勝

1982年イタリア・パレルモ生まれ。ルネッサンスから近現代作品まで幅広いレパートリーを持つ、同世代を代表する国際的ピアニストの一人。

ザルツブルク、ルール、スポレート・ドゥエ・モンディ、ジョルジュ・エネスク、ラヴェッロ、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリなどの国際音楽祭に招聘される。ミラノ・スカラ座、サル・ガヴォー、コンツェルトハウス・ベルリン、ガスタイク、ロイヤル・フェスティバルホール、アウディトリウム・パルコ・デッラ・ムジカ、ドヴォルザーク・ホール、すみだトリフォニーホール、エスプラネード・コンサートホール、香港大会堂など世界各地のホールで演奏会を行っている。

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団、シンガポール交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストラや、ウラディーミル・アシュケナージ、ジャン=ジャック・カントロフ、ジャナンドレア・ノセダ、アンドリュー・パロット、サラ・チャン、ジョヴァンニ・ソッリマ、セルゲイ・クリロフ、アンナ・ティフ、スヴェトリン・ルセフ、ジョン・マルコヴィッチら国際的なアーティストと共演を重ねる。

これまでにブゾーニ、ロンドン、ポルト、香港などの国際コンクールで優勝。2005年イタリア文化省芸術勲章を受章。

ワーナー・クラシックス、ナクソス、フォンテックなどのレーベルからCDを数多くリリース。また、イタリアをはじめ日本、イギリス、アルゼンチン、南アフリカ、アメリカ、ポルトガルなどのラジオ・テレビ番組にも出演するなど、活躍の幅を広げている。

現在は、演奏活動のほかに国際ピアノコンクールで審査委員や、イタリアや日本、タイ、マレーシアなどでマスタークラス講師を務めるなど、後進の指導にもあたっている。

前のページへ戻る