Sendai International Music Competition

 » シャノン・リー

プロフィール

シャノン・リー

シャノン・リー(アメリカ/カナダ) Shannon LEE

第7回 仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門最高位入賞者 (第2位)

“非凡な煌めき、申し分のない音程と抑揚、そして大きくよく響く音色”
-グラモフォン誌-

第7回仙台国際音楽コンクール最高位(第2位)及び聴衆賞(2019年)、エリーザベト王妃国際音楽コンクール第4位(2019年)、ナウムバーグ国際ヴァイオリンコンクール第2位(2018年)、インディアナポリス国際

ヴァイオリンコンクール入賞及びイザイのソナタのベストパフォーマンス賞(2018年)など数々の国際コンクールで受賞。ハイフェッツ国際音楽祭、クシジョバ音楽祭など世界各地の音楽祭にソリストや室内楽奏者として出演している。

カナダ生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。12歳の時ダラス交響楽団との共演でソリストデビュー。その2年後にはニュルンベルク・フィルハーモニー管弦楽団との共演でヨーロッパデビュー。他にも、ナッシュビル交響楽団、ラスベガス・フィルハーモニー管弦楽団などアメリカ各地のオーケストラと共演。デビュー録音は19世紀と20世紀のヴァイオリンとピアノのための作品を収録したもので、グラモフォン誌は“自在なテクニックと大胆不敵な妙技”を称賛した。

特別奨学生としてクリーヴランド音楽院でハイメ・ラレード、ジャン・スローマンに師事。コロンビア大学でコンピュータ科学の学士号も取得。

前のページへ戻る